Sinergit株式会社

itenfrdeptrues
あなたはここにいる: Sinergit 最大負荷で運転中のタワークレーン
04 12月 2020

最大負荷で稼働中のタワークレーン用バッファの選択

安定性の限界の2つのフィードバック上の最大反応Fの値

タワークレーンの最大荷重

Cr =総重量力(daN)

P =クレーン強度の総重量(daNの)

W =風の力(daNの)

I =水平慣性力(daN)

F =安定性の限界に2つのフィードバックに適用される最大の力(daNの)

 

重力(メートル)のクレーンセンターを傾けるの軸からの距離=

b =傾斜軸からの負荷距離(m)

風の力を傾ける軸からC =距離(メートル)

D =慣性の水平力(M)の重心

=クレーンの中心間距離と強度を傾斜軸(m)をイナーシャ

f =重心と転倒軸の負荷との間の距離(m)

MS(バー)= P * A =安定化モーメントクレーン

Mr(daNm)= W * c + Cr * b =クレーン転倒モーメント

d =(P *および+ Cr * f)/(P + Cr)

F(daN)=(Ms-Mr)/ d

 

注意。 各バッファーの最大反応はF / 2を超えてはなりません。